眼瞼下垂 20代 対処法

眼瞼下垂が20代に増えている理由【予防と対処】

眼瞼下垂(がんけんかすい)の原因には神経の病気の可能性もあるようですが
最近では老化によるまぶたの垂れ下がりを言うことのほうが多いようです。

 

 

これは上まぶたにある上眼瞼の筋肉が年齢とともにたるむことが
一般的な眼瞼下垂の老化による原因とされています。

 

これを老人性眼瞼下垂といいます。

 

 

 

主に70代80代に眼瞼下垂の傾向も多かったはずですが
ここへ来て若年層にもまぶたが垂れ下がるという悩みを抱えている

 

 

ひとが多くなっていると言います。

20代30代に眼瞼下垂が増えた理由

本来、眼瞼下垂は男女問わずおこる症状ですが
比較的には男性よりも化粧をする機会の多い女性に多いようです。

 

 

眼瞼とは簡単に言えば「上まぶた」でしょうから
この部位を何度も刺激すれば人間の皮膚はやがて劣化しやすくなります。

 

 

女性はアイラインやアイシャドウといったアイメイクは
欠かせないことから自然とまぶたに刺激を与えています。

 

 

そして、過去には多かった一重まぶたも最近の若い子たちのあいだでは
ほとんどと言っていないことに気づきます。

アイプチやテープの普及

 

これはアイプチや一重を二重にするテープなどが多数登場したこと
そして、その性能なども良くなっていて

 

 

軽度の一重まぶたならアイプチやテープで矯正もできるくらい
あたりまえに使っている女性も多いことでしょう。

 

 

これらのアイプチなどの製品も刺激がないように工夫されているとは言え
まぶたを引っ張ったり、触る頻度は多くなります。

 

 

また接着成分が肌に合わないことで痒みが出たり腫れたりするトラブルも
若い内から経験している女の子も稀に見かけます。

 

 

このサイトでも説明しているようにまぶたの皮膚は
私達の体の中でも大変、薄い皮膚です。

 

 

また筋肉もあまり充実していません。

 

 

ただでさえデリケートなまぶたの皮膚を一日に何回もこすったり刺激が
加わっているようだとまぶたの形が変わってしまう可能性があります。

コンタクトの普及

 

コンタクトレンズの歴史は長いですが
今や裸眼にメガネというスタイルだけの女性も少ないはずです。

 

 

 

また簡易的に使い捨てることができるコンタクトレンズも進化している
ことで誰もが気軽にコンタクトレンズを使用できる時代です。

 

 

 

コンタクトレンズの装着では目の下や上まぶたを引っ張ることが多いですね
とにかく目の周りの皮膚を触る機会は当然増えることから

 

 

 

それが習慣づくとまぶたの劣化につながります。

 

自分が眼瞼下垂なのか知るには?

 

老人性のまぶたの伸びや垂れ下がりも
なんらかの病気が原因でおこるまぶたが落ちる症状も

 

 

また前述した擦る、触る、引っ張るなどの物理的な刺激が原因で
まぶたが緩んでしまうような症状も

 

 

診断によってはすべて「眼瞼下垂」と判断されます。

 

 

 

診断基準はお医者さまにもよりますが、眉毛を上げない状態で
まぶたを開けたときに目の瞳にまぶたが少しでもかかっているようであれば

 

 

眼瞼下垂の可能性があると診断されるようです。

眼瞼下垂の対象方法と予防

 

 

眼瞼下垂は重度の方から年齢とともに徐々にまぶたが下がってくるような
美容面で気になる程度のものまでさまざまです。

 

 

 

お悩みの大きさも、その方によって違いますが
場合によっては生活に支障をきたすときには外科手術が必要となります。

 

 

 

手術の方法は挙筋前転法という手法でおこなわれることがほとんどです。
まぶたを切開する必要がありますが比較的には安全に簡単できてしまう手術です。

 

 

 

まぶた内部の筋肉をいったん剥がし瞳にかからない位置まで糸でとめる
といったことを行います。

 

 

 

これだけを聞くとなんだか恐い気がしますが、手術自体は日帰りで帰れる
くらい短時間で終わるものだそうです。

 

 

 

もちろん保険の適用もしている医療機関もあります。
知っておくとよいのが見た目に関わる症状であることから美容外科を選んでしまいがちです。

 

 

 

しかし美容外科で眼瞼下垂の手術をお願いすると保険適用外となることがあるようなので
事前にリサーチしておくことを忘れないようにしたいです。

 

 

 

手術が必要なほどの眼瞼下垂であれば
一般医療機関(形成外科、眼科)でも相談できるので
まずはそちらに掛かることをおすすめします。

手術をするまではないが瞼の伸び、緩みが気になるケース

 

目もとはどの年代であってもビジュアル的に疲れた印象や老けた印象を与えやすい部位でもあります。

 

 

 

眼瞼下垂とまではいかないまでも目が小さくなってきた気がしたり、伸びる、緩むという違和感を感じたときには
第一に無闇に触らない、こすらないを心がけることです。

 

 

 

そして季節を問わずに保湿をおこたらないこと
ドライアイを防ぐために涙の量を保つなどもまぶたの劣化の予防につながると言います。

 

 

なので適度な目薬も全くささないよりは良いでしょう。

 

 

 

一番はまぶた自体の普段からのケアですが
よくある目もとのマッサージは実は危険が大きいことを知らないひとが多いようです。

 

 

 

例えば乳液やアイクリームをお顔に刷り込みながマッサージをおこなう女性は意外と多いですが
とくに目もとは優しいマッサージでも注意が必要です。

 

 

 

例えばアイクリームなどを塗る場合にもスポットで基材をのせて
軽く撫でる程度でなければまぶたの劣化につながると言います。

 

いたわるはずのまぶたに刺激を与えるマッサージをしていては本末転倒ですね。

 

 

 

 

アイクリームの使用方法ではマッサージと書いてあることも多々みかけますが、
個人的には間違っていると思います。

 

 

 

あくまでも保湿のためにまぶたに有効成分で膜を貼るイメージなので
ゴシゴシやっても何も効果は得られないというものです。

 

 

 

最近では、無闇にまぶたを傷つけないための「まぶた専用の美容液」なども
出ています。

 

 

 

今までのアイクリームと違うのはまぶた用ということと
製品によっては垂れ下がるまぶたのリフトアップ、引き上げの効果を加えた
リッドキララというものも出ています。

 

 

 

これであると引き上げとケアのダブルで行なってくれるので
ゴシゴシすることをしないという面でもおすすめです。

 

 

 

わりと即効性もあり一度つけるとまぶたのパッチリくっきりが持続するので
お出かけ前のメイクのときにも忘れずに毎日ケアをすることが可能です。

 

 

 

さらに、アイプチが欠かせないという女子にもこちらは何かをくっつけるようなものではありませんが
使っているときには目が大きくなるうえに保湿ケアまでしてくれます。

 

興味があるひとは一度CHECKしてみてください。

⇒くっつけない負担をかけずに目もとパッチリさせる

 

 

⇒緩んだまぶたもピーンっ!【引き締めクリームBEST4】

page top